真田邸(松代城跡附新御殿跡)

基本情報

店名 真田邸(松代城跡附新御殿跡)
住所 長野市松代町松代1番地
営業時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日 原則無休
掲載情報は、投稿時点のものとなります。
定休日・営業時間・詳細・価格など、変更となる場合があります。
ご利用の際は、事前にご確認ください。
定休日は、年末年始・GW・お盆休みなどを省略している場合があります。

_DSC7231_01_originalりこさん7 りこさん4 りこさん3りこさん5りこさん8

 

 

長野市の中心部から車で15分という松代町。
松代城跡附新御殿跡は
松代藩9代藩主 真田幸教が義母貞松院の住居として建築し、後に隠居した幸教の住居となったあと、明治以降は、真田家の私宅となった建物です。
静かな町並みの中に長く続く杉腰板の白塀は一際目を引きます。
古の人々の暮らしや歴史に思いを馳せながら
貞松院様が眺められていた庭をぜひご覧下さい。

 

入場料
一般 200円 小中学生 80円
真田宝物館・文武学校共通券 一般300円 小・中学生150円
真田宝物館・真田邸・文武学校共通券 一般500円 小・中学生200円


スポットを紹介したまちシェルジュ

  • ◆氏名 倉嶋りこ
    ◆職種 フォトグラファー

    ◆Profile

    桑沢デザイン研究所ドレスデザイン科
    日本某社にて遊具デザイナーを経てフォトグラファー活動開始
    日本フォトスタイリング協会フォトスタイリング講座準1級取得
    ジャパンテーブルコーディネートスクール認定講師資格取得

真田家ゆかりの武家屋敷

DSC_0190 DSC_0177 _DSC7267_01_original_DSC7240_original

_DSC7294_01_original DSC_2928

どんと構えた表門から入るとそこから情緒あふれる空間が広がります。
主屋に入ると来客用の「表」の空間、生活のための私的な「奥」の空間とがあり、
2つの空間は杉戸によって区切られています。

 

部屋の用途によって襖の模様や装飾が異なっていたりと、興味深い箇所は
あちこちにありますが、惹き込まれたのは日本庭園の美しさ。

 

江戸末期からの庭園を座りながら眺めていると、静けさと手入れが行き届いた緑の
美しさに自然と心が落ち着いてきます。

 

邸内の随所に見どころがありますので、知らずに通り過ぎてしまわないよう、
事前に松代文化財ボランティアの会さんにガイドの予約(※)をしておくのもオススメです。

 

※ガイド自体に料金はかかりませんが、予約の場合、事務通信費で1団体1,000円かかります。
予約をしていなくてもボランティアガイドさんがちょうど時間が空いている場合は
ガイドをお願いすることができます。

 

◆松代文化財ボランティアの会
TEL 026-278-9010
HP  http://www.grn.janis.or.jp/~ma-vol/


オススメポイント
座観式の日本庭園
特 徴
長野駅から車で約30分

スポットを紹介したまちシェルジュ

  • ◆氏名 長峯光子
    ◆職種 会社員

    ◆Profile

    長野のたくさんある魅力をもっと多くの人に知っていただき、何度も来ていただきたい!そんな思いでスタートしました。メンバーの皆さんと一緒に観光パンフレットには載っていない、長野の旬な情報なども発信していきます!